FAQ 個人事業主・フリーランス/用途/フリーランスで屋号が無い場合、角印は必要?

Q.フリーランスで屋号が無い場合、角印は必要でしょうか?

個人名で仕事をしています。領収書などの書類には個人の認印を押しています。個人名の場合 角印は特に必要でしょうか?

A.個人名の大きめの丸印 があるとよいでしょう。

屋号をお持ちの場合は屋号の角印をおつくりすることをおすすめいたしますが、個人名で事業をされる場合は「大きめの 個人名の丸印」があるとよいでしょう。

 

ビジネス仕様の大きめサイズの印鑑が押されていることでご契約やお取引において信用や信頼につながります。

個人のプライベートの実印との兼用はしないようにしましょう。実印は、印鑑証明が求められる重要な契約書にのみ押印する大切な印鑑です。領収書等に押印する印鑑は「認印」として押印いたします。

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/用途/屋号入りの実印は必要ですか?

Q.屋号入りの実印を用意した方が良いでしょうか。

鍼灸院を開業します。事業のメインは屋号で行います。
実印として個人名フルネームのものをすでに登録してあるのですが、屋号入りのものに変えた方が良いのでしょうか?

A.「屋号入りの実印」は個人事業主では使用いたしません。

法人(株式会社)の場合は、法務局での法人登記の際に「会社の実印」を印鑑登録し、登記後はその実印が「会社の代表者印」として最も重要な印鑑の役割を果たします。

一方、個人事業主は、法人とは異なり登記はいたしません。そのため、「屋号入りの実印」はございませんので、実印が必要な場面では、代表者の「個人の実印」を押印いたします。

ですので、実印はそのまま今お持ちの「個人フルネーム」のものをお使いくださいませ。

実印は、不動産の購入や契約など「実印と印鑑証明書」が必要な場合にのみ押印します。

 

個人事業主は 法人とは異なり「登記」をいたしません。

 

ちなみに、「屋号入りの丸印」は、ビジネス上の契約書など「代表社印」が必要な書類に押印します。

 

起業開業を機に、きちんとした実印を作成する事業主様も多くいらっしゃいます。

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/用途/実印は必要ですか?

Q.フリーランスに実印は必要ですか?

個人のフリーランスでWEBデザインの仕事を請け負っています。仕事上で実印は必要になることはありますか?

A.「個人の実印」が必要となることもございます。

個人事業主様の場合も、取引先との契約書に「実印を押印してください」と求められる場合や、ビジネス上での不動産の契約やローン契約等で実印が求められる場合は「個人の実印」が必要となります。
実印が必要な契約の際には、印鑑登録済みの「個人の実印」と「印鑑証明書」が必要となります。

個人事業主は法人ではないため、「会社の実印」というものはございません。(法人のように登記をしないため)
あくまでも「個人」としての署名捺印が求められます。

また、ビジネス以外でもプライベートで自動車を購入されたり不動産契約をされるなど社会生活において実印の出番が出てくることもございます。慌てて作成されるよりも、起業開業は社会人として実印をあつらえておく良い機会とお考えくださいませ。

※実印とは、お住まいの市区町村にて印鑑登録を済ませた印鑑のことです。ローン契約や不動産取引・会社間の契約等、重要なお取引で押印を求められる重要度の高い印鑑です。実印の押印と共に印鑑証明書の添付が必要となります。

⇒個人用実印をオーダーする

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/用途/銀行印を、個人用とビジネス用で兼用可能でしょうか?

Q.お店の口座開設用の銀行印。個人の銀行印で兼用してよいでしょうか。

お店用の口座も 個人名で開設します。私個人用の口座に登録している銀行印を そのまま使用しても大丈夫でしょうか?

A.ダメなわけではございませんが、銀行印は特に個人とお仕事で分けて管理されることをおすすめいたします。

個人事業主様の「銀行印」は、事業用の銀行口座開設に使う届出印です。

銀行口座・銀行印は、プライベートと分けて作成管理しておくことで、入出金の管理が明確になります。

銀行口座・銀行印、共に分けて管理する方が後々の財務処理にも便利でしょう。プライベート用とビジネス用の印鑑を使い分けされることをおすすめします。

同じ個人名の銀行印でも、ビジネス用は一回り大きめで作成するのもよいですね。

女性の場合は個人用の銀行印は「お名前ヨコ書き」で作りますので、個人名でお仕事をされる方なら ビジネス用として「苗字ヨコ書き」で分けても良いでしょう。

銀行印は「お金がタテに流れてしまわぬよう」横書きにて彫刻いたします。

※個人事業主の口座開設の場合、屋号の印鑑で開設できるかどうかは金融機関により規定が異なるようです。印鑑作成前に一度、取り引き予定の金融機関にてお問合せ下さい。

金融機関ごとに規定が異なります。事前にご確認をおすすめいたします。

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/用途/丸印と銀行印を兼用できますか?

Q.丸印を銀行印に兼用して問題はないでしょうか。

個人事業主・フリーランスの仕事用に丸印を作成したいと考えています。
ビジネス用の銀行口座の開設にも この丸印を兼用しても大丈夫でしょうか。

A.問題はございませんが・・・。

規定があるわけではございませんので 丸印を銀行印として兼用されても問題はございませんが、 個人事業主様の「銀行印」は、事業用の銀行口座開設に届出印として登録し取引口座を管理する印鑑でございます。

ご契約書や対外的な書類に押印することが多い丸印と、銀行口座・会社の財産を管理する銀行印を兼用することは、紛失の危険や防犯上のことを考慮いたしますと、分けて管理されることをおすすめいたします。

丸印、銀行印、それぞれに役割と用途があります。

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/用途/丸印を銀行印や領収書への押印に使っても良いですか?

Q.丸印を銀行印や領収書に使用しても良いでしょうか?

「屋号+代表者印」の二重書きの丸印を使用しています。

「小林大伸堂」「代表者印」の二重書き丸印

この丸印銀行印として屋号の銀行口座開設にも使用してよいでしょうか?

また、この丸印を、角印の代わりに 請求書や領収書にも押印してよろしいでしょうか?

A.銀行印とは分けて管理することをおすすめいたします。

丸印を銀行印としてお使いいただくことも可能ではございますが、金融機関への届出印である銀行印を、契約書や請求書などの対外的書類に捺印することは、セキュリティー上危険な場合がございますので、分けられることをおすすめいたします。

もしも丸印と銀行印を兼用される場合は、請求書や領収書への押印は別に「屋号の角印」をご用意いただくと良いでしょう。

角印は 対外的な書類に頻繁に押す「会社の認印」です。銀行口座を管理する銀行印を併用することはおすすめできません。

丸印と銀行印を別々に管理押印される場合は、丸印を領収書等にご使用になられることは可能ではございます。

印鑑の用途や役割には やはりそれぞれに意味がございます。不利益を被らないよう上手に使い分けしましょう。

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/用途/丸印を個人の認印として兼用できますか?

Q.代表印(丸印)を、個人の認印として兼用できますか?

これから個人事業主として開業予定です。
代表印として二重書きの丸印を、外側に屋号・内側にフルネームの氏名を入れて作成したいと考えています。
このような代表印を、私個人の認印としても使用することはできますか?

A.認印ではありますが、ビジネスとプライベートは分けることをおすすめいたします。

仕事用の認印としてはお使いいただくこともできますが、 個人の認印は「苗字のたて書き」が一般的でございます。
ビジネスとプライベートを分ける意味でも、分けてご使用いただくことをおすすめいたします。

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/用途/領収書に捺す印鑑が必要です。

Q.領収書に押印する印鑑が必要なのですが。

アロマテラピーの教室を開設する予定です。
生徒さんへの領収書等に押印する印鑑が欲しいのですが、どのような印鑑がおすすめでしょうか。

A.屋号の角印 もしくは 個人名の丸印 をご用意ください。

一般的に領収書には屋号の角印を押印いたします。
教室名として屋号をお持ちの場合は、屋号の角印を、個人名で講師をされている場合は個人名の丸印をご用意されるとよいでしょう。

また、ショップゴム印等必要に応じてご用意いただくと日々の領収書発行業務もスムーズとなります。

ショップゴム印+角印 での領収書作成例。

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/用途/契約書に押印する印鑑について

Q.契約書に押印する印鑑は丸印で良いでしょうか?

個人事業主としてエステサロンを開業する予定です。今回独立にあたり、事業用丸印/ゴム印 /個人の実印を揃えるつもりです。

契約書は三枚複写式(お客様控え、店舗控え、本部控え)の形式ですが、ここに捺す印鑑は丸印でもよろしいでしょうか。

A.丸印をお使いいただいてかまいません。

丸印は、契約書やお取引などの際に押印が求められる印鑑です。ご契約書への押印にご使用ください。

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/彫り方・画数・書体/丸印・銀行印・角印、どのようにみなさん作られていますか?

Q.個人事業主の印鑑作成で、注文の多いパターンを教えてください。

個人事業主やフリーランスの場合、どのような印鑑を準備すればよいのでしょうか。

A.以下のような組合せで 多くご注文いただきます。

個人事業主・フリーランスの方の場合、屋号の有無や 事業規模、お取引先様の規模などにより ご注文内容は様々です。
よくご注文いただくパターンを挙げてみました。

屋号をお持ちで「二重書き」にて作成される場合

丸印 :二重書き(屋号+代表者印)
銀行印:二重書き(屋号+銀行之印)
角印 :屋号

法人用印鑑と同じ二重書き仕様の彫刻です。

回文(外書き)には屋号の正式名称をお入れし、中文(内書き)には「代表者印/銀行之印」とお入れいたします。18㎜のサイズにてお仕立ていたします。

官公庁などと正式な書類を交わすことが多い方、土木建築業・IT業など重要書類作成の機会が多い方におすすめです。もちろん、法人仕様でしっかりとした印鑑をご希望の方にもおすすめです。

個人事業主様の「屋号入り銀行印」につきましては、お取引予定の金融機関にて登録可能かどうかを 事前にお確かめいただくことをおすすめいたします。

屋号をお持ちで二重書きを希望されない場合

丸印 :屋号のみ
銀行印:個人苗字よこ書き
角印 :屋号

丸印は「屋号のみ」にて、銀行印は「個人名苗字の横書き」にてお仕立ていたします。

二重書きではない「屋号印」をご希望の方、屋号が短く二重書きでは作成しにくい方にお選びいただいております。

一般消費者向け小売業、美容室、サロン、教室、ネット通販業など、屋号付きで小規模にて経営される方などの丸印としてご注文いただくこともございます。

屋号なし・個人名にて作成される場合

丸印 :個人苗字たて書き
銀行印:個人苗字よこ書き

屋号を持たず個人名でビジネスされる方に。
丸印・銀行印をそれぞれプライベート用とは分けて作成することで、管理が明確となりビジネスで信頼度をアップできます。
銀行印は、「金銭がタテに流れてしまわぬよう」とのことから「横書き」が吉でございます。

必要やご希望にあわせてオーダー可能!

上記の組合せは一例です。作成パターンは自由に組み合わせてご注文いただけます。

まずは開業に際して角印のみのご注文、 個人用認印のみだけ新調、など必要に応じてご注文くださいませ。

 

ショップゴム印や個人名認印・実印のオーダーも

【ショップゴム印】

日々の業務や書類作成の効率アップにあると便利なのが「ショップゴム印」です。
「代表者印」タイプと「組合せ」タイプ からお選びいただけます。

メールアドレスやサイトのURLの追加、住所の変更など、柔軟に対応できる「組合せゴム印」

 

【個人認印・実印】

個人事業主はあくまで「個人」として届け出や申請を行います。そのため代表者個人の「認印」や「実印」が必要となる場面が多く、開業を機に個人の印鑑を新しくされる方も多くいらっしゃいます。

◆個人認印

 

開業届をはじめ、税務署への申告や各種申請届出書類に押印する機会が多いのが「個人用認印」です。開業を機に ビジネス用に新調される方や、すでに起業されている方でも良いものに作り変えたいとご希望される方も多くいらっしゃいます。

◆個人実印

 

ローン契約や重要度の高い契約書等で実印と印鑑証明書の添付を求められる場合には、個人事業主は「個人の実印」が必要となります。

必要に応じてご注文くださいませ。

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。