FAQ 個人事業主・フリーランス/彫り方・画数・書体/屋号の画数が悪く 気になります。

Q.屋号の画数が悪いことが分かり気になっています。

開業後、屋号の画数があまり良くないことを知りました。いまさら変更もできませんがどうしても気になってしまいます。

A.画数を拝見し吉数となるよう整えておつくりいたします。

屋号の画数を拝見し、吉数に整えておつくりいたします。また、事業への希望や決意など事業主様としての想いを屋号に込めてお彫りいたします。

 

事前に完成見本もご覧いただけますのでご安心くださいませ。

印鑑作成時にどうぞご相談くださいませ。

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/開業届・口座開設など/開業届にはどのような印鑑が必要ですか?

Q.個人事業主の開業届にはどのような印鑑が必要ですか?

実印や何か特別に印鑑を用意する必要はありますか?

A.個人の認印を押印します。実印である必要はございません。

開業届を出される際に、個人の認印が必要でございます。 現在お使いいただいている認印をお使いいただけます。

独立開業の大きな機会でございますので、

  • 今後 お仕事用としてプライベートとは分けて使いたい
  • この機会にビジネスにふさわしい認印を決意や願いを込めて作りたい

など新たな作成のご希望がございましたら、どうぞお申し付けくださいませ。

個人の認印で開業できます。

個人事業主は「代表者個人」が主となるゆえ・・・

個人事業主様は、開業後「個人名の認印」を押印する機会が多くなります。開業を機に、これまでお使いのプライベート用とは別にビジネス用に作られる方も多くいらっしゃいます。

また、事業拡大に伴い認印を新しく誂えられる方も多くいらっしゃいます。

事業主 としてふさわしい一本をあつらえましょう。

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/開業届・口座開設など/屋号の銀行口座を開設できますか?

Q.屋号のみの銀行印で、屋号で口座を開設できますか?

A.まずは、お取引先の金融機関にお問合せ下さいませ。

「屋号つき口座」の開設につきましては、金融機関によって条件が異なってまいります。 また、届出できる銀行印についてもそれぞれに規定があるようです。

お手数ではございますが、お取引予定の金融機関様に

  • 屋号のみで口座がつくれるかどうか
  • 屋号のみの銀行印が登録可能かどうか

を一度お問い合わせされますと、確実でございます。

可能でしたら、屋号のみにての銀行印をうけたまわりますのでどうぞご注文くださいませ。

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/開業届・口座開設など/屋号付き口座の開設について教えてください

Q.個人事業主です。屋号付きの銀行口座の開設には何が必要でしょうか。

A.まずは、お取引先の金融機関にてお問合せくださいませ。

「屋号付き口座」の開設につきましては、金融機関によって規定が異なります。また「銀行印」として届け出できる印鑑についても銀行ごとに規定がある場合もございます。

開設可能な場合、おおむね以下のものが必要になる場合が多いようです。

  • 本人確認書類
  • 開業届(控え)
  • 印鑑
  • 屋号確認資料

「個人事業主の開業届(控え)」は、開業届届け提出時に原本と併せて控えとして取っておきましょう。個人事業主の事業証明書類として使われ、「屋号付きの口座」開設の際に金融機関から求められるようです。

屋号確認資料とは、その屋号で実際に活動していると証明できる資料です。商業登記簿謄本や事務所の賃貸契約書、公共料金の領収書などが該当します。

個人事業主の屋号付き口座は、口座を開設したい銀行の最寄りの支店窓口にて手続きをする必要があります。

いずれにせよ、必要なものや条件等につきまして、まずは金融機関にてご相談いただくことが最も確実でございます。

まずは、お取引予定の金融機関にお問合せを!

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/開業届・口座開設など/開業と印鑑作成のタイミング

Q.屋号決定や、開業届の届出、事業用の印鑑作成、金融機関での口座開設など、タイミングが分かりません。

個人事業主として開業予定で、まだ開業届は出しておりません。
印鑑を作る前に開業届を提出しておいた方がよろしいでしょうか?
また、開業届を出す際にも印鑑が必要そうですが、開業届用の印鑑を先に用意し、開業届提出後あとから屋号名入りの印鑑を用意した方がよろしいでしょうか?

また、屋号入りの銀行口座も考えていますが、印鑑を作るタイミングが分かりません。

A.ケースバイケースではありますが・・・

開業届に押印する印鑑は、お手持ちの「個人の認印」で構いません。(実印等特別な印鑑が必要なわけではございません。)

ただ、個人事業主の方は 開業後の各種業務や届出において個人名の認印を押印する機会が多いため、プライベート用のお認印とは別に、ビジネス用の個人名お認印をご用意されることをおすすめいたします。

開業届に押印した認印を使い続けなければいけないわけではありませんので、先にビジネス用の個人名認印を作成されて開業届に押印されても良いですし、一旦手持ちの認印で開業届を提出後、ビジネス用個人名認印を作成されても問題はございません。

◎屋号が事前に決まっている場合、開業届提出前に屋号の印鑑を先におつくりいただいても問題はございません。また、銀行印やショップゴム印なども、すでにお決まりであれば事前に作成いただくと後の業務がスムーズに進みます。

開業届提出後、口座開設等各種手続きをおこなうことになります。

◎屋号がまだお決まりでない場合は、[屋号]欄を空白のままで開業届を提出することができます。

ただし、「屋号付き口座」開設時に証明書類として「開業届の控え」が必要となりますので、屋号付きでお考えの場合は開業届提出時には屋号を決定しておく必要があります。

事業用の印鑑の作成は、開業届提出の前後に関わらず 屋号や住所等が決定した段階でご依頼いただけますが、発注から1週間から10日のお日にちが必要となりますので、余裕を持ってご注文くださいませ。

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/ゴム印・その他/ショップゴム印の作成例は?

Q.ショップゴム印はどのように作ればよいでしょうか?

エステサロンを経営しております。
領収書用にショップゴム印を作成したいのですが、一般的にはどのように作ればよいでしょうか。

A. ゴム印には二種類ございますので、ご希望の方をお選びくださいませ。

【代表者ゴム印 の場合】

・ご住所:
・屋号名:
・代表者名:

【組合せゴム印 の場合】

・ご住所:
・屋号名:
・代表者名:
・お電話/メールアドレスなど:

オーダー通りに作成いたします。

組合わせゴム印は、4枚組となっておりますので、上記以外HPのURLやFAX番号など、必要な情報にておつくりいただけます。
枚数を増やすことも可能でございますので、必要枚数に応じてお見積りいたします。お申し付けくださいませ。

ショップ名、住所、電話番号などオーダー通りに作成いたします。
組合せゴム印は 4枚組が基本ですが、枚数を増やしてのオーダーもうけたまわります。

 

ロゴ入りのゴム印や、サイズ規格外の大きなものや小さなものなど、オーダーゴム印もご相談うけたまわります。

お客様へのPRや事務処理の効率アップなど、自由な発想でご相談下さいませ。

サイズや内容など、自由おつくりいただける「オーダーゴム印」

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。

FAQ 個人事業主・フリーランス/ゴム印・その他/オフィスが二か所あります。

Q.オフィスが二か所ありますが両方の住所を併記すべきでしょうか?

住所ゴム印を作成したいのですが、オフィスが二か所ある場合、両方の住所を併記した方がよいのでしょうか?
個人事業主の開業届は主となるオフィスの住所ですが、もうひとつのオフィスも年に半分は使用している状態です。

A.組合せゴム印で作成されるとよいでしょう。

自由に組合せが可能でございますので、必要に応じて住所部分を入れ替えてお使いになることが可能でございます。

組合せゴム印は、4枚組が基本となっておりますが、5枚以上のオーダーのお見積りもいたしますのでお申し付けくださいませ。

組み換えや、内容の追加・変更がしやすい組合せゴム印。

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。