5.資本金払い込み

会社設立のために、口座に資本金の払い込みを行い証明書を作成します。

定款の認証が終わったら、次は金融機関に出資金を払い込み、その証明書を作成しましょう。

おおまかな手順としては次のように進めます。

①発起人個人の金融機関口座を用意する

②資本金を振り込む

③通帳をコピーする

④払込証明書の作成

⑤通帳のコピーと払込証明書をまとめて綴る

①発起人個人の金融機関口座を用意する

・金融機関で「発起人個人」の銀行口座 を用意します。新しく開設してもよいですし、すでにお持ちの口座で残高が残っているものでも構いません。(会社の法人用口座は、登記後に開設します)

・「通帳のコピー」をとる必要があるため、ネットバンキング等ではなく通帳が発行される口座を用意しましょう。

・ちなみに金融機関とは、銀行、信用金庫、信用組合を指します。

・郵便局の時代は郵便局の口座は不可でしたが、ゆうちょ銀行となってからは可となりました。

銀行印 口座開設 法人 資本金 払込 個人口座 登記 定款
発起人個人の銀行口座を用意しましょう。

 

②資本金を振り込む

・発起人が1人の場合は 「預入れ」でも問題はありません。
・発起人が複数いる場合は、発起人それぞれが自分自身の名義で、定款に定めた現金出資の金額を「振り込み」する必要があります。
(いつ・誰が・いくら 出資したか を口座に明記されるようにする必要があるため)

・資本金の払い込みは、定款が認証されたにおこないます。

③通帳をコピーする

・払い込んだことを証明するために、その通帳のコピーをとります。

・表紙
・表紙裏(支店名・支店番号、銀行印などが記載されているページ)
・振り込みが確認できるページ(振込人の名前や金額の部分にマーカー等で印をつけておく)
の3か所をコピーします。

④払込証明書の作成

払い込み証明書は発起人が会社に対して払い込みを確かに行ったということを、代表取締役が証明する書類です。

払込証明書

当会社の設立時発行株式については以下のとおり、全額の払込みがあったことを証明します。

払込みを受けた金額 金〇〇円
(⇒この金額が資本金の額となります。(発起設立))
設立時発行株式数  〇〇株
1株の払込金額金  金〇〇円

平成〇年〇月〇日

東京都港区赤坂〇丁目〇番〇号
株式会社 〇〇〇〇
設立時代表取締役 〇〇〇〇 
(⇒法人の代表者印 を押印します)

払込証明書に記載する内容

・払込があった金額の総額
・払込があった株数
・1株の払込金額
・日付
・本店所在地
・会社名(商号)
・代表取締役氏名

を記載し、押印します。

「会社代表社印」を押印

ここで押印するのは、代表取締役 個人の実印ではなく、会社(法人)の実印です。

法人 登記 実印 会社印 法人印 定款 印鑑登録
印鑑届書で届出した「会社実印(代表者印)」を押印します。

⑤ 払込証明書と通帳のコピーをまとめて綴る

④で作成した払込証明書を表紙にし、③の通帳のコピーをまとめてひとつに綴ります。

各ページの見開き全てに、契印をします。ここでも、会社(法人)の実印を用います。

これで、会社設立登記に必要な「払込証明書」が完成となります。