許認可が必要な事業とは?その申請先は?

許認可(届出・登録・認可・許可・免許)が必要な事業の場合は事前に確認や準備が必要です。

設立前に必ず確認を

許認可の種類と申請先

様々な業種の中には、国や地方自治体などから「許可」や「認可」がないと営業できないものも多くあります。開業予定の事業が許認可の必要がないかを必ず確認しておきましょう。

例えば、飲食店や喫茶店なら「保健所の許可」が、クリーニング店なら「保健所への届出」が必要です。

必要な「条件」も確認を

許認可の手続きは設立登記後に行うことが一般的ですが、どのような許認可が必要か、その許認可を得るための条件は、などを事前に確認しておきましょう。
設立登記は無事済んだのに 許認可が下りない!なんてことにならないように…。

例えば、飲食店などなら食品衛生責任者の資格者や施設の条件が定められていたり、クリーニング店なら、クリーニング師の免許を持つ人がいて業務用設備が必要、など規定が定められています。

主な許認可事業と その申請先

許認可は、届出・登録・認可・許可・免許の5つに分けられます。また、業種ごとに届け出先が異なります。
許認可の種類と業種の届け出先の一例として…

開業予定の事業は許認可が必要ではありませんか?

 

同じ業種であっても、自治体ごとに 許認可の要不要や審査基準が異なる場合があるため、満たすべき基準をチェックしてきましょう。

https://www.zeiri4.com/c_4/h_88/