FAQ 個人事業主・フリーランス/開業届・口座開設など/屋号付き口座の開設について教えてください

Q.個人事業主です。屋号付きの銀行口座の開設には何が必要でしょうか。

A.まずは、お取引先の金融機関にてお問合せくださいませ。

「屋号付き口座」の開設につきましては、金融機関によって規定が異なります。また「銀行印」として届け出できる印鑑についても銀行ごとに規定がある場合もございます。

開設可能な場合、おおむね以下のものが必要になる場合が多いようです。

  • 本人確認書類
  • 開業届(控え)
  • 印鑑
  • 屋号確認資料

「個人事業主の開業届(控え)」は、開業届届け提出時に原本と併せて控えとして取っておきましょう。個人事業主の事業証明書類として使われ、「屋号付きの口座」開設の際に金融機関から求められるようです。

屋号確認資料とは、その屋号で実際に活動していると証明できる資料です。商業登記簿謄本や事務所の賃貸契約書、公共料金の領収書などが該当します。

個人事業主の屋号付き口座は、口座を開設したい銀行の最寄りの支店窓口にて手続きをする必要があります。

いずれにせよ、必要なものや条件等につきまして、まずは金融機関にてご相談いただくことが最も確実でございます。

まずは、お取引予定の金融機関にお問合せを!

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。