FAQ 個人事業主・フリーランス/用途/個人事業主用印鑑は必要なのでしょうか?

そもそも、個人事業主やフリーランスに 事業用印鑑は必要なのでしょうか?

Q 1)根本的な質問なのですが、個人事業主で開業される方は丸印や角印、銀行印、ゴム印をどれくらいの方が作られるのでしょうか?

A.1)必要に応じてご用意くださいませ。

お仕事の内容や、事業規模、年数などによって、さまざまではございますが、ご印鑑は あなたご自身の信頼や信用・責任の証(あかし)として用いられるものでございます。ビジネスや契約の重要性を考慮し 個人のご印鑑と区別してお仕事用のご印鑑をお持ちになる方は 多くいらっしゃいます。

開業時に一通り揃えられる方。
あるいは、
開業時は個人の認印一本でスタートされる方もいらっしゃいます。

初めのうちは個人用の印鑑で事足りていらっしゃっても、お取引先が増えたりお取引先の規模が大きくなるにつれて、交わす書類も増えてまいります。その際に必要に応じて作成されることが多いようです。

  • 丸印:契約書など「会社の代表者」の印が求められる場合に
  • 銀行印:口座開設時に
  • 角印:請求書・領収書等、対外的な「会社の認印」として。
  • ショップゴム印:日々の業務や書類の作成などの効率アップに。
  • 個人認印:開業届の提出、各種申告・届出などに
  • 個人実印:不動産の契約やローン契約の際に「実印」が必要な場合に。

 

Q 2)株式会社ではないので、相手先への信頼という意味で作られる方が多いのでしょうか?それ以外に個人事業主やフリーランスが印鑑を作ることで利点はあるのでしょうか?

A 2)信頼や信用につながるひとつの証(あかし)とお考えください。

商習慣において押印が必要となるご契約や書類も多くございます。

お取引の内容にもよりますが、 屋号をお持ちの場合なら個人名のご印鑑をお使いいただくよりも、 店名や社名等屋号入りのご印鑑をお使いいただいた方が やはり相手先様の信用や信頼につながるとお考えくださいませ。

たとえ個人事業主でも、お取引先や顧客にとっては「お店」や「会社」。お相手への信頼の証として必要ならば きちんとあつらえておきましょう。

Q 3)住所ゴム印や代表者ゴム印ではなく、パソコンで書類に出力してもかまいませんか?その場合はその横に角印もしくは丸印を押すことになりますか?

A 3)印鑑を求められることもございます。

パソコンにて社名や住所を出力が可能な書類の場合はゴム印ではなく印刷で大丈夫でしょう。

押印につきましては、ご契約の場合には、ご住所などをパソコンで出力した場合でも 丸印や角印の押印を求められることが多くございます。お取引先様に押印の要否をご確認いただき、必要に応じて押印くださいませ。

住所ゴム印は、例えば領収書の発行やダイレクトメール発送用の封筒など、実務面にて必要と感じられた場合におつくりいただいても良いでしょう。日々の業務がスムーズに進むアイテムとしてご活用いただけます。

あると便利な住所ゴム印。作業の効率アップをサポートします。

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。