FAQ 個人事業主・フリーランス/用途/個人の認印で済ませてもよいでしょうか?

Q.もともと使っている個人の認印一本で済ませても良いでしょうか?

屋号なしのフリーランスです。
取引先も今のところそれほど多くないため、もともと使用している個人の認印一本で済ませていますが、構わないでしょうか?

A.それでも結構ですが・・・。

個人事業主の場合、個人の認印で済まされる方もいらっしゃるようです。
ビジネス書類への押印としての体裁の上、また責任の証(あかし)として、ビジネスで押印する印鑑とプライベートで使う認印は分けておかれることをおすすめいたします。

普段お使いの個人用お認印は10.5㎜や12㎜の普通サイズですので、お仕事で使われるのであればもう少し大き目のものを用意されると見栄えもいたします。

屋号なしの個人名でお仕事される場合でも、ビジネス用に一本丸印をお作りいただくとよいでしょう。

 

契約書や領収書の発行など、やはり体裁や見栄えが求められるシーンもございます。事業を広げられる中で 必要と感じられた折に作成されるフリーランスの方も多くいらっしゃいます。

ご契約や各種書類に用いる大切な「しるし」として、ビジネスへの決意や成功への願いを込めた良い印鑑をお持ちになることは、ご自身の未来を切り開き お取引様との信頼あるご関係を繋ぐ役割を果たすことでしょう。

 

個人事業主・フリーランス用印鑑専門サイトはこちら。