個人事業主 業務・書類別 押印印鑑について

開業届や契約書、請求書…。各業務や書類などにおいて、個人事業主・フリーランスの方の印鑑の押印についてご説明します。

【開業届】⇒個人の認印

開業届の届出の際は、お手持ちの認印でOKです。
個人事業主は、開業後 「事業主個人」の認印の出番が多いので、ビジネス用のしっかりとした認印を用意されるとよいでしょう。

【銀行口座開設】⇒銀行印

プライベートと事業用の口座は分けて管理することをおすすめします。
個人名の銀行印を届け出る場合も、プライベートの銀行印とは別にビジネス口座用として管理されることをおすすめします。

屋号入りの銀行印は、念の為取引先の金融機関に「屋号の銀行印」が届出印として登録可能かどうかをご確認ください。

※個人事業主の銀行口座開設について

個人事業主は、法人とは異なり、あくまで主体は「個人」ですので屋号のみの口座をつくることはできません。「屋号+個人名」の口座名となります。(ゆうちょでは「屋号のみ」の口座開設が可能だそうです。)

いずれも、金融機関によって規定が異なるため、事前に確認されるとよいでしょう。

事前に相談・ご確認を!

【契約書など】⇒事業用丸印個人実印

「代表者の印鑑」として押印します。
個人事業主であることから、個人の認印でOKではありますが、屋号と個人名を記載し、角印や丸印を押印する方が信頼度が高くなります。

取引先によっては「会社の印鑑を押してください」と求められることもあるようです。

また、小さな個人名の認印だけでは見栄えがしないと感じられることも。
屋号の角印や屋号丸印を押印し 事業主である個人の認印も押印する方が、信頼度が高く感じられるのも事実です。

取引先から実印と印鑑証明書を求められた場合には、「個人の実印+印鑑証明書」を添付します。(個人事業主は法人(株式会社)ではないので、「会社実印」がないため)

【見積書・請求書・領収書など】⇒角印個人認印

「会社の認印」が求められることが多い対外書類には、屋号で作成した角印を押印します。
必要に応じて担当者個人の認印を押印します。

【ローン借入・自動車購入・不動産賃貸契約】⇒個人実印

実印と印鑑証明書が求められる契約の場合には、「個人の実印+印鑑証明書」が必要です。

 

個人事業主・フリーランスだからこそ

法人用印鑑と異なり、個人事業主の印鑑には明確な規定がありません。そのため、個人の認印一本でも開業し運営を行うことは可能です。
しかし、日々の業務や取引、契約、申請などのやり取りの中で社名や事業主個人の「名」をしるす機会は大きなビジネスチャンスの機会でもあります。
個人事業主・フリーランスだからこそ、真摯に信頼を得られる心構えを表現できる。印鑑はそんなあなた自身の「熱意・決意・想い」の表れとも言えるでしょう。

個人事業主・フリーランスのための印鑑のご相談 うけたまわります。

老舗印章店「小林大伸堂」の4代目彫刻士 小林照明が 社名の画数を拝見し 八方位の運気を伸ばしておつくりいたします。
新たな挑戦のスタートに。事業の成功や発展繁栄を願う印鑑をお届けいたします。

 

「名」に「想い」を込めて。あなたのための印(しるし)は、その一歩を「あと押し」いたします。